Message Board

昔のブログ記事をご紹介したり、日々のことを投稿したりします。
本格的なレポート記事はジャーナルをお楽しみください。

journal一覧を見る
無料メルマガのご登録はこちらから

今起きていること、体験することが、その時のベストである。

(2015年過去記事です。)

 

わたしは、20歳そこそこでビジネスをはじめました。

 

やりたいことは、その時その時で明確で、
21歳ころにはある程度、収入もありました。

 

 

すごいね、と言われることもたくさんありました。
おとなたちに、たくさん褒められましたし、

 

いろいろ教えてくれ、と言われたりなんかも、しました。

 

 

自慢ではありません。

むしろ、わたしはそのように歩んできたから

「踏めなかった大地」もあるわけなんです。

 

 

例えばわたしは、

早いうちにビジネスをはじめてしまったので、

就職活動をしたことがありません。

 

 

企業に就職をすることもありませんでした。

上司がいたこともありません。

 

 

お給料を毎月固定でもらう、という生活も

定時、という概念も経験できません。

 

 

どんな道を歩もうと、

経験できなかったこと、がついてまわるわけです。

 

 

 

後悔しているのではなく、

でも時に思います。

 

わたしが普通の大学生のように、
学校生活をたのしんでいたら、どんな感じだったかなと。

 

(当時はバリバリ仕事ばかり、旅ばかりしてました。)

 

 

卒業旅行とか、行ったのかな。

(休学したので同級生は先に卒業)

 

 

就職活動とか、してみたかったな。

インターンとかしてたら人生どうなっていただろう・・・?

 

 

そして、こう思う時があります。

 

 

『やりたいこと!なんて
見つからない時期があったらよかったな・・・』

 

 

^^^^^^

 

 

今、やりたいことがわからなくて困っている人にとっては

たいへん、うざい話かもしれません。

 

 

しかし、やりたいことがはっきりしているがゆえに、

またそれをやってきてしまったがゆえに、

引き下がれない

(引き下がりにくい)

 

 

そんな人生もある、ということなのです。

 

 

もっと、迷いたかった。

もっと、いろいろなところに入り込んでみたかった。

 

 

20歳とか、21歳とかの年齢でしか許されないようなこと

(犯罪とかじゃなくて、ね)

もっとしてみたかった。

 

 

ふとたまに、そういうことを思ったりするわけです。

 

 

(ふっつーの大学生みたいに過ごしてみてもよかったなと)

あのころはそうは思っていなくて、

 

 

できるだけ早くやりたいことを見つけて、

できるだけ早く自分の道を見つけて、

できるだけ早く、お金も稼いで、

そう、できるだけはやく、

できるだけ遠く、

今の自分から、憧れの自分へと、なれるよう、なれるように、と

 

 

そうがんばっていた。

 

 

でも、今はその時の自分にこう声をかけてあげたいものです。

『もっと、迷走しろ』と。笑

 

 

^^^^

 

 

またちょっと別のはなし。

ビンボー学生のころ。

アメリカに3ヶ月いました。

 

 

西海岸、東海岸、それぞれバスでまわり、

お金がなかったのでボロボロの服とビーチサンダルで

やっすいバスに乗って旅をしたのです。

 

 

その時は、ハンバーガー1個食べるのも惜しかったので、

とにかくビーフジャーキーを食べまくっていたんですよね。

 

 

主食として。笑

 

 

汗臭いようなガソリン臭いような、
なんとも言えないバスの中で

 

 

むしゃむしゃとほおばる、ビーフジャーキーのあじ。

 

 

今はもう、きっと同じように旅をしても
味わえないものなのだろう、と思い出したりするのです。

 

 

そういうことを考えるたび、

こういう人生だったらとか
あぁいう選択をしていたらだとか

 

いろいろ想うことはあれど、

結局、結論はいつもひとつ。

 

 

『今しかできない体験がある。それがすべて。それがベスト。』

 

 

明日もそんな感じで、いこうとおもうのです。

 

 

まる。

 

 

 

著書一覧

秦由佳について
Top Page About Works  └ 株式会社 KOKUMI  └ ライフスタイルブランド sophia philein  └ 一般社団法人 潜在数秘術 ®︎ 協会  └ 一般社団法人 潜在意識デザイン協会  └ RYC メソッド ®︎  └ 潜在意識デザイン ®︎  └ 潜在意識メイキング
読む・学ぶ
Blog Journal Books
最新情報を知る
News Mail Magazine
製品
Products
SNSでフォロー
ハタユカラボLine@ 秦由佳Facebook 秦由佳Twitter

最近チェックしたコンテンツ

BOOKS -著書一覧

もっと見る
秦由佳 Twitter FaceBook LINE@