Message Board

昔のブログ記事をご紹介したり、日々のことを投稿したりします。
本格的なレポート記事はジャーナルをお楽しみください。

journal一覧を見る
無料メルマガのご登録はこちらから

お金の不安と時間の不安

例えば、お金の不安がと、みんな簡単に言うんです。

不安を言ってはいけないということではなく、

 “簡単に不安を言う”ということは “簡単に不安を不安であると認定している”ことに変わりありません。

 

それに対して不安でいたいならいいのですが、

それに対して不安でいたくないのに、

 “私はこれに不安です”と、

いとも簡単に決めてしまっているのは自分なのです。 

 

最も多くの人が、  疑いもせずに、咀嚼もせずに、

ごくごく当たり前に“あって当然でしょう”と

認定している種類の不安がお金の不安です。  

 

お金の不安があることが不思議とも思わずに

立ち止まって思い込みを確認することもなく馴染み客のように、

 

すぐさま自分の中に入らせてるのはまぎれもなく自分自身なのです。

 

 ほんとうはね、お金の不安ってこっけいで、

お金の不安を抱えている人の98%くらいは実際にお金がその不安を解消しません。

 

  “お金があったら・・・” 

 “時間があったら・・・”  の悩み、

 

98%は、お金(現金・数字)があろうが時間が与えられようが、 

根本的な不安や不満を生み出している種までは解消されないってことなのです。  

 

そうなると、お金の不安があるから

それを解消するためにお金を稼ぐ、

ということが実はとっても

矛盾した手段であることがわかります。 

 

 

目的はお金の不安解決方法として

選択するのが、お金を稼ぐこと 

 

この公式が正しいと思っている限り

根本的な種は何も変わらないので

たとえお金が稼げたとしても

お金の不安はなくならないです。

——————————

 

 重要なポイントはまず、  

『お金は安心や自由を得るためのツール(手段)だ』と、

ハナから決めつけている状態がマズイ。

 

もちろん、お金は安心や自由を与えてくれるかもしれませんが、絶対的なツールではありません。 

 

 安心や自由を与えるためのツールとして、

そもそもお金は生まれたわけじゃないですから 

たまたま安心や自由を与えてくれるだけであって、

本質的なお金の役割ではありません。

 

そのため、お金に安心や自由を求めても、

あまり機能しないんですよね。

 

しかも   安心や自由に条件をつけている限り、

安心や自由を与えてくれる

と思っている手段によって

不安や不自由も感じさせられる  のです。

 

お金が安心や自由を得る条件だと決めつければ

お金は安心や自由を与えてくれるかもしれませんが、

同時に不安や不自由をも与えてくれます。

 

恋人や結婚が安心や愛を得る条件だと決めつければ 

恋人や結婚をしたとしても

安心や愛を与えてくれはしますが、

同時に不安や憎しみも与えてくれます。

 

もし、ずっとそばにあってほしいなら。

 

愛も、お金も、時間も、自由も。

それらに条件をつけないことです。

 

・・・ってなことをメルマガで配信します。(長いよ。笑)

 

メルマガの登録はこちらから

 

 

LINEで送る

著書一覧

最近チェックしたコンテンツ

BOOKS -著書一覧

もっと見る
秦由佳 Twitter FaceBook LINE@
秦由佳について
Top Page About Works  └ 株式会社 KOKUMI  └ ライフスタイルブランド sophia philein  └ 一般社団法人 潜在数秘術 ®︎ 協会  └ 一般社団法人 潜在意識デザイン協会  └ RYC メソッド ®︎  └ 潜在意識デザイン ®︎  └ 潜在意識メイキング
読む・学ぶ
Blog Journal Books
最新情報を知る
News Mail Magazine
製品
Products
SNSでフォロー
ハタユカラボLine@ 秦由佳Facebook 秦由佳Twitter