Message Board

昔のブログ記事をご紹介したり、日々のことを投稿したりします。
本格的なレポート記事はジャーナルをお楽しみください。

journal一覧を見る
無料メルマガのご登録はこちらから

男性性的な自分の愛し方と女性性的な自分の愛し方

男性性的な自分の愛し方と女性性的な自分の愛し方

 

例えば理想と現実の狭間で揺れ動いたとして。その状態には、二つの世界があるということになる。

理想の世界
現実の世界

 

この二つが分裂しているということだ。

つまりそれは、今の現実と理想の世界との間に、つながりを感じない、ということだ。

 

今の現実がその理想につながっているとは思えない。とてもじゃないけど、そのような理想にたどり着くとは思えない。

 

そう解釈した瞬間、今の現実というのは味気なく意味のない、虚しいものとなってしまうだろう。

 

じゃあ、理想と現実を繋げたとしよう。

 

今の現実は、どういう状況だとしても理想の世界と繋がっているに違いない、と思ったとする。

たとえ直接的ではなくても、今の現実が必ず何かしらの形で理想の世界となっていく、と信じる。

 

 

そうすると、理想と現実はとりあえず、つながる。

 

 

重要なのは、ここからだ。

 

①理想に現実を沿わせていくのか。
②現実の中に理想を吸収していくのか。

 

この二つを時と場合によって使い分けている。

 

例えば、理想に現実を沿わせていく場合。

今の現実と理想の差分(違い、比較、足りないもの、多すぎるもの)などを見つけて、それに対して変化のアプローチをとっていく。

今の体重と理想の体重の違いを受け入れて、その差を縮めようと努力するということだ。

 

 

逆に、現実の中に理想を吸収していくということは、理想を手放すことではなく、理想がすでに今の現実の中にもあるということを、見つけていく作業だ。

 

理想の家族、理想の生活、理想の仕事・・・果たしてそれは、本当はどんな意味を持ち、どんな感情や状態を表しているのだろう?

 

 

手段ではなく、感情や感覚に焦点を当てていく。そうすると、理想は今の現実の中にもあるし、今の現実でも理想としている”心境”や”気持ち”にはなれるんだ、ということがわかる。

 

 

そうすると、今の現実を好きになれたり感謝できたり、する。これが2つ目のやり方。 

 

 

①理想に現実を沿わせていくのか。
②現実の中に理想を吸収していくのか。

 

どちらがいいとかは、ない。

 

 

でも、どっちもやらないんだったら、もう、知らん。笑

 

①理想に現実を沿わせていく場合は、現実的な努力が必要だ。比較しなければいけないし、とことんその違いを受け入れた上で、少しずつ理想に近づけていけるように、行動や決断をしていく必要がある。

 

どちらかといえばこれは、男性性的な、”自分を幸せにする方法”だ。

 

②現実の中に理想を吸収していくのは、心を開いてよく感じ、求めている気持ちや感情や心境を受け取る、ということだから、むしろ現実的な変化を求める行動とかは一旦ストップして、今の日常を噛み締めてみよう、的な。

 

どちらかといえば、女性的な”自分を幸せにする方法”だ

 

 

どちらも、大事なのだ。

 

矛盾しているかもしれないが、理想を追いかけながら、今を受け入れながら、理想を手放しながらも、変化を追い求め続ける。

目標を定めながら、目標に執着していないか常にチェックしつつ、今を受け入れながら未来に向かって今を変え続ける。

 

 

自分を大切にする、ということはとても繊細で、丁寧な作業だと思っている。

 

 

時には、「つべこべ言わずに理想の自分とのギャップを感じて、近づく努力をしろよ」という。その努力は自分のためにするのだ。なりたい自分に、なりたいという気持ちをないがしろにするな、と。

 

 

また別の時には、「変わりたいとかいつまでも言ってないで、今の日常を噛み締めなさいよ。本当は全部、揃ってるんだから」と言うこともある。あるものを見ずに、ないものの幻想をリアルだと思い込んでいては、今ここにいる自分が悲しむからだ。

 

 

この二つは矛盾しているけれど、表裏一体セットでひとつ

 

あなたには今、どちらが必要?

 

 

わたしは今日も、同時に二つとも。

LINEで送る

著書一覧

最近チェックしたコンテンツ

BOOKS -著書一覧

もっと見る
秦由佳 Twitter FaceBook LINE@
秦由佳について
Top Page About Works  └ 株式会社 KOKUMI  └ ライフスタイルブランド sophia philein  └ 一般社団法人 潜在数秘術 ®︎ 協会  └ 一般社団法人 潜在意識デザイン協会  └ RYC メソッド ®︎  └ 潜在意識デザイン ®︎  └ 潜在意識メイキング
読む・学ぶ
Blog Journal Books
最新情報を知る
News Mail Magazine
製品
Products
SNSでフォロー
ハタユカラボLine@ 秦由佳Facebook 秦由佳Twitter