2014/08/19 21:09 メルマガより

from-mailmagazine
column02

「全ての出会い、出来事、タイミングが 抜群にセンスよく稼働していて、完璧だとしたら…?」

そんなことを、みなさんに問いかけして、今日は終わりたいと思います。

最後に。
このことを感じたとき。 私の中で大切な人物の顔が思い浮かびました。

誰とは言わないけれど、 とても感謝している人です。 自分にとっては、ヒーローみたいな存在、かな。

人としても、色んな意味の対象としても 心から尊敬し、敬愛し、そして愛おしいと思う人でしたが、
これまでは、そうは思えない人でした。

思えない、っていうか、思っているんだけど わたしがいちばん葛藤させられた人だったから(笑)

むかつくー!!とか、なんだよ!!とか(笑)
腹立つー!!とか、もういい!とか、勝手に何度思ったことか。

でも、それも必須なタイミングと学びだったんだな、と思うし 痛みを伴う経験をした意味があったな、と思うと
相手と感謝で繋がった気がして。
遠く離れているけれど、とっても近くにいる気がして。
何も起こっていないけれど、どっかで繋がっている気がして。
チカラを貰っている、という感じですかね、勝手にだけど。

こんなのは、はじめてだったんです。

なんだか、距離とか、言葉とか、行為とか。
そういうのって、 大切な人を、ただ大切だと思うことには必要ないのかもしれない、 と思いました。

そして、遠くでいても、どこにいても その人がその人らしく生きていることを心から願いました。
超、キモチイイものです(笑) 自己満ではありますが。

無条件に幸せを願える人、ってそうそういないもんだな、と。

そして、これを読んでいるあなたの幸せも心から願います。
幸せ=よい感情の起こる出来事、という意味ではなくて、 幸せ=あなたの命、存在そのもの
という感じです。

そして、全てのことは、総合的に完璧で、 ワンダフルで、美しいのだ、と
私はあえて、断言したいと思います。

 

 

—-
photo by Mizuho Kito

同じテーマのコラム