深淵なる意識の世界を探求するシリーズ。
過去のブログ記事や、配信したレポート、などから厳選し、加筆・修正してお届けします。

洞察意識とは?無意識とは?言葉の定義をしよう

POINT

意識の構造を理解する上で重要となる、様々なキーワードや表現の意味を理解するために、基本的な言葉の意味を定義します。

 

しかし、これらはあくまでも、秦由佳個人が、そしてRYC メソッドにおいて定義している意味であり、一般で使 われている同じ表現と意味が異なる場合がありますので、ご了承ください。

 

意識とは

現在の科学では、意識がどこからきて、どこに属し、どのように生まれているのかなどを解明できていません。

 

諸説ありますが、意識と無意識に分けられる、という概念さえ、それを実証する方法がないため、すべてのことはあくまでも“仮説” として展開されます。

 

RYC®︎メソッドにおいて意識とは“情報”であると定義しています。

 

顕在意識領域

この領域にある情報・意識は、認識することができる。知覚可能な領域の範囲を指す。

 

潜在意識領域

この領域にある情報・意識は、認識することが難しい、あるいは出来ない。

無自覚であり、コントロールが不可能な範囲を指す。

 

顕在意識

顕在意識領域にあるいくつかの情報のうち、フォーカスが向けられている情報のことを顕在意識、と呼んでいる。

 

また、特定の情報にフォーカスを向ける働きのことを顕在意識と呼ぶこともある。

 

例えば・・・

部屋の中にはたくさんの物(情報)があるが、椅子に意識が向く(椅子に顕在意識が働いている、フォーカスしている、椅子がこの時の顕在意識)

 

この時、実際に認識しようと思えばできる情報(家具や物など)は他にもあるため、顕在意識領域にはいくつもの情報が存在しているが、はっきりと意識のフォーカスを向けている矛先は椅子だけとなっている。

 

この時、顕在意識は椅子にフォーカスを向けている、あるいは椅子が顕在意識と考える。

 

潜在意識

潜在意識領域で働く意識のこと。また、潜在的なフォーカスが向いている情報のことを指す。

 

潜在意識領域にある情報のうち、潜在意識がフォーカスを向けている情報によって、その人の状態は瞬時に変わる。

 

また、顕在意識と潜在意識は常に連動しており、顕在意識がフォーカスを向ける情報と潜在意識がフォーカスを向ける情報は必ず関係性が高い(リンクしている)と考える。

 

例えば・・・

顕在意識がレモン汁にフォーカスを向けた途端、レモン汁という情報とリンクし合っている情報に潜在意識のフォーカスが向き、その反応を瞬時に作り状態が変わる。唾液がでる。

 

唾液が出る、ということは実際のレモン汁有無に関わらず、潜在意識のフォーカスによって”レモン汁を飲む”といった状態に、瞬時に変化しているということになる。

 

潜在意識領域には無限の情報量があるが、そのうち潜在意識が同時にフォーカスを向けることができる情報量は限られている。

 

2種類の意識(情報)

 

1. 内側の情報(内側の意識)

 

自分の内側にある情報のこと。思考や感情、頭の中で描くイメージや、感覚。

内臓器官の状態などの生理学的な情報、ここに含まれる。

 

2. 外側の情報(外側の意識)

 

内側にある情報以外の全て。外部にあるすべての物質・非物質のものを指す。他人そのものや起こる出来事などもすべて外側の情報である。

 

外側の情報を、感覚器官から取り入れたのち、内側の情報へと変換している。

 

また、内側の情報は自分のものとして知覚されるが、外側の情報は自分のものとして知覚されないことが多い。

 

RYC®︎メソッドでは、外側の情報もすべて意識であるとみなすため、この世の全 ては情報(意識)で出来上がっていると考えています。

 

潜在意識を使う・潜在意識を生かす

潜在意識領域に情報がある時に発動するルール・法則・規則性などを使うことを指す。

 

また、潜在意識領域と、顕在意識領域、クリティカルファクターの領域を 情報が行き来するルール・法則・規則性を使うことでもうある。

 

潜在意識の法則

潜在意識領域と、顕在意識領域、クリティカルファクターの領域を情報が行き来するルール・法則・規則性。

 

それに加え、潜在的なフォーカス(潜在意識)が顕在的なフォーカス(顕在意識)と繋がって、認識する世界を作っているという法則。

 

結果的に、認識している世界は全て潜在意識が鍵を握っている、ということになるが、潜在意識の法則は実際にはそれだけではない。

 

無意識

意識していない行動・言動・思考・反応・状態などの総称。特に何も考えることなく、意図を持たない行動・言動・思考・反応などのことを指す。

 

本人が自覚しているかどうかが分かれ目になり、自覚していないすべてのことを無意識とまとめて表現している。

 

集合無意識

人々が意識の根底で共有する、共通意識・共通概念のようなもの。

 

潜在している場合は 特に知覚することはないが、多くの人が感じていることや、広い範囲で感じてい ること、あるいは古くからシンボルとされてきたことなどの総称。

 

すべての人は、個人の枠を超えて繋がっているという考えが前提であり、ユング によって初めて提唱された。

 

集合無意識の変化は、認識されにくいが、全ての人に影響を与えていると考える。

 


 

他にもまたキーワードや重要な用語を随時更新していきます。

(2017年7月執筆)

LINEで送る

最近チェックしたコンテンツ

BOOKS -著書一覧

もっと見る
秦由佳 Twitter FaceBook LINE@
秦由佳について
Top Page About Works  └ 株式会社 KOKUMI  └ ライフスタイルブランド sophia philein  └ 一般社団法人 潜在数秘術 ®︎ 協会  └ 一般社団法人 潜在意識デザイン協会  └ RYC メソッド ®︎  └ 潜在意識デザイン ®︎  └ 潜在意識メイキング
読む・学ぶ
Blog Journal Books
最新情報を知る
News Mail Magazine
製品
Products
SNSでフォロー
ハタユカラボLine@ 秦由佳Facebook 秦由佳Twitter