LINE@メンバー限定記事

 

この記事では、3年前に開催した魔法のことばセミナーのテキストを配布しています。

 

 

ご覧になりたい方は、LINE@登録時に配布しているパスワードを入力してください。

 

 

LINE@でパスワードを配布しています!

 

相手に届く魔法のことば

なぜ、言語があるのでしょうか。

なぜ、ことばがあるのか。

 

最も届けたい内容が、この問いかけの中に眠っています。

なぜ、「ことば」があるのか。 「ことば」の本質は何か。

 

そこから様々な「生き方」や「在り方」がみえてくる。

 

だからこそ大切なのは、 上手なコミュニケーションを「取れるようになること」以上に、「上手なコミュニケーション」を通して、何を得るか、ということです。

 

様々な場面で重要になるコミュニケーションの本質について考えてみませんか?

 

トピックはこちら

 

■そもそもコミュニケーションとは何か?

 

コミュニケーションとは、英語で書くと communication。

 

この言葉の語源は、ラテン語のコムニカチオ(communicatio)です。 コムニカチオの意味は「分かちあうこと、共有すること」

 

コミュニケーションという言葉だけの意味を捉えると、「伝達」や「伝えること」 で終わってしまうのですが、その大元には「共有する」「シェアする」 「分ちあう情報」という意味が含まれています。

 

セミナーの冒頭(2015年開催)でもお話ししましたが、「ことば」というものは「相手と協力し合う」ために生まれたものです。 共通言語を使うことで、協力することができるようになる。

 

言語を使えば使うほど、それがもっと便利になって、お互いにとっての利益が生まれる。

 

いわゆる言語とは、資本主義社会における「お金」のようなものでもあります。

 

スタートは必ず「共有」そして「利便性」が基本となっていました。その利便 性や共有する力が、お金や言語にはあります。

 

しかし、時代を経る・・・・・・・・

 

続きを読む(パスワードを入力し、Submitを押してください。)開かない場合は、もう一度パスワードを入力して、お試しください。

 

LINEで送る

最近チェックしたコンテンツ

BOOKS -著書一覧

もっと見る