2018年9月25日配信のメルマガより一部抜粋した内容です。


こんばんは、秦です。

 

今日は牡羊座の満月ですね。昨日は秋分の日を迎え、時はあっという間に肌寒い(ご飯の美味しい)季節になりそうでワクワクです(食いしん坊)

 

さて、今日のメルマガ配信テーマはずばり!『過去を許して未来に手渡す』

 

私たちは肉体ある限り(脳みそある限り)過去から切り離されることはできません。しかし、過去がお荷物になることも多いですよね。

 

当たり前のようにあちこちで見聞きするキーワード「過去を手放す」・・・ですが、ぶっちゃけどうなんでしょう、簡単には言うけどさ・・・っていつも思ってました(笑)

 

私も同じようなことを発信している身なので気持ちはわかるのですが、頭で理解してすんなりポンっできるモノでもないと、考えています。

 

そもそも、「過去」ってなんなのか、どうして「過去」が必要で、どんな時に「過去」が邪魔になって、どういう時に「過去」は宝となるのか。そういうところから理解したほうが盲目的でなく、過去と付き合える気がします。

 

今日はそんな話をしようかと。初めましての方はバックナンバーもお楽しみくださいね。

 

メルマガ登録後にバックナンバーを読むことができます。

 

 


「過去」について話をする前に、ちょっと私のここ最近の頭の中を。

 

許すって、受け入れるって、認めるって、一体どういうことだ?

 

そんなことを考えた1ヶ月でした。

私自身、許せないこと、受け入れられないこと、認められないことが、小さいニキビのようにたくさん出てきた時期でして。

それなりにセルフワークするものの、なんかぁーつらいぞーおえー・・・っていう感じでした。膿出しのような時期。

 

季節の変わり目や、サイクルの切り替わりの前はこういった膿出しが行われることが多いので、もしかしたら同じように、小さい心のニキビ(大きい人もいるかもだけど)に悩まされた方も多いのではないでしょうか。

 

実は私、今年5月にある大きなヴィジョンを持ちました。

それは誰にも言っていないヴィジョンで、自分だけの心の部屋で、じっくりと育てています(これを私は陰為の期間と呼んでいます。)

 

ヴィジョンをしっかりあたためていると(でも、毎日ヴィジョンと共にあるのよ)少しずつ自分の無意識状態がヴィジョンと重なっていきます。

 

自分がヴィジョンを重なっている、というのはいつどこにいても何をしていても、そのヴィジョンの中にいる(ヴィジョンが叶っている状態でいる)ということです。

 

どうしたらとか何をすればとか一切考えずに、ただヴィジョンと共にあるの。

 

それが3ヶ月くらいして、少しずつ現実に変化として現れるようになってくると、(引き寄せるようになってくると)、デトックスの時期が始まることがあります。

 

今までと違う世界(ヴィジョン)であればあるほど、デトックスは激しめ。まるで、新しいヴィジョンが潜在意識の底から押し出すようにして、いらない過去の情報を手放す時期。グググーっと出してくれるんです、いらないものを。

 

この時期は過去や感情に振り回されやすいんです。

 

でも、潜在意識が新しい世界を認識しなければ、潜在意識の中にある情報の整理をする必要はありません。新しい家に引越しをしなければ、思い切った掃除はしませんよね。

 

引越ししなくても、今住んでいる環境が嫌なら掃除や断捨離をするでしょう。

 

だからもし、過去や感情に振り回されたときは、まず気づいて欲しいのです。

 

あなたは無意識に(あるいは意識的に)、新しい世界へ向かおうとしているということに。

あなたの個が自然と持っている、成長や進化の欲求が無意識的に発動しているということに。

 

大切なのは安心していることです。いつでも安心していることです。見えない秩序に、手に触れることができない普遍的な真実が流れていることに。

 

あなたが何をしていても、何をしなくても、明日はやってくることに安心するのです。

 

あなたが泣いても笑っても、いいことをしても悪いことをしても、嘘をついたとしても後悔したとしても、必ず”明日”は与えられる。その時点で許されているわけです。

 

どうしたって、「ほら、また新しい1日だよ」って、無情なくらいシンプルに差し出される。

 

それに安堵できますか?

 

放っておいても空気はなくならず、ぼーっとしていても呼吸は止まらないことに安心していることです。

大切なことを忘れてしまうということはつまり、命を支える様々な目に見えるシステム・目に見えないシステムの上に、ちゃんと立つということです。

 

いつも安心した上で、明瞭な意識をもっていること。そうすれば、過去の感情も過去の思い込みも、ただ出てただ流れ、お掃除中のホコリ、のようなものになるでしょう。安心して出し切ることができます。

 

すぐ解決したがる頭にこう、言ってやるんです。

 

『待って、今の私には解決するより大事なことがあるの』と。

 


 

新しい世界に向けての、インナークリアリングをされている時、私たちは様々な過去に再会します。

 

昔の自分、昔の感情、昔の裁判官、昔の恋、昔の夢・・・その過去は新しい世界には必要のない過去です。新しい家にはふさわしくない荷物です。

 

それを自動的に教えてくれるなんて、なんて便利なプログラムでしょう・・・!

 

とはいえ、私たちにとっては、隠してきた過去や見たくなかった過去、中途半端に終わらせた感情との再会ですから、つい飲み込まれてしまいますよね。

 

悲劇のヒロインになって悲しんだり拗ねたり、怒ってしまったり・・・。裏切りや否定批判のイメージが強まって、硬直したり、やる気を奪われたり・・・。

 

私が個人的に思う、過去を手放せない一番のデメリットは「大事なエネルギーを奪う」ことなんじゃないかと、思うんです。

 

やる気や意欲を奪い、気持ちを切り替えるエネルギーを奪い、自分の身を守ることだけにエネルギーを使い・・・。

 

過去はエネルギーを食います。ではなぜ、過去に食われてしまうのでしょうか?

 

ズバリ結論から申し上げましょう。

 

『過去だけ』を手放したいから、
『過去』にエネルギーが集中する。

 

また、違う表現をするなら、こうなっているとも言えます。

 

未来へのヴィジョンがないから
『過去』を手放したい”だけ”の状態

 

実は、過去を手放す、過去を受け入れる、過去を許す、とき本当は、未来を手放す、未来を受け入れる、未来を許す、も同時に行われるのです。

 

未来にどんなヴィジョンを描くのか?によって手放す過去は変わる。目的があり、目標値があり、心が望む世界があるなら、過去も意義を持って変形してくれるもの。

 

でも、目的も何もなくどうしたいもないのに、一方的に「てめーが邪魔なんだよ!!」って言われたら、過去は・・・どんな気持ちになるでしょう。

 

実は、多くの人は過去を手放したい”だけ”です。

 

苦しい。つらい。怖い。見たくない。考えたくない。原因は過去ね!?あんなことがあったから、こんなことがあったから、だからなのね!?じゃあ、手放したい!恨み、妬み、怒り、手放したい!手放して今、楽になりたい!!!

 

過去を手放したい”だけ”。

私の好きな”筋トレ話”に例えるとそれは”ダイエットしたいだけ”です。

 

過去を手放すのもダイエットも手段の一つでしかないの。その手段を生かすのは未来のヴィジョンなのです。

 

それが今の苦しみを解放すると思っているから、過去を手放したり、許したり、受け入れたりしたい。しかし、未来がありません。つまり手放したい思いしかなく、ヴィジョンがないのです。

 

何のために手放すの?過去を手放すことが、自分のコアや自分との本質的な生き方にとって本当に重要なのことなのか?

 

それくらい考えて、本気で手放したこと、ないでしょう。(というか、過去の幻想泥中にいるときは、意識のトレーニングをしなければ完全にやられてしまいます・・・汗)」

 

 

例えばある人は、以前の恋人のことが忘れられませんでした。彼との時間がいつまでも自分を苦しめます。後悔もあります。思い出すと感傷に浸ってしまい、時間が奪われます。新しい恋にも積極的になれません。どうしたら過去を手放せるのでしょうか?

 

ずばり、ヴィジョンをもつしかないのです。

 

苦しみの最中にいるときは、もう思い出したくない!苦しい!手放したい!その一心かもしれませんが、過去に囚われたままでも良いのでヴィジョンを持ってみると、面白いことに

 

「あ・・・手放さなくても全然平気だわ」と気づくか、または
「あ・・・本当にいらないや、さようならありがとう」と気づいて手放しが完了するか、

このどちらかなのです。

 

私がここで伝えたい重要なポイントはここです。

 

手放す前にヴィジョンを持ってみると
本当に必要ないものなのか

それとも”糧”や”教訓”にすべきものか
その違いがはっきりわかる

 

そうなんです。

過去には2種類あります。本当に必要ないもの。そして、必要だけど未来に使えるように、”教訓”に変えていって他者に共有するもの。このどちらかです。

 

デトックス時期というのは、いらない過去や価値観がドバーーーーっと出てきますが、まだこの2種類に分類されていない状態に出てくるのです。

 

その時に、ヴィジョンがあれば、分類できる。迷いなく。ヴィジョンがなければ、分類できない。迷いが生まれる。手放す基準がわからないし、感情の行き場はない。

 

あなたの手放したい過去、手放したい恨み。手放したい不安やイメージ、過去からの映像。手放すその前に・・・

 

何を持っていようが持っていなかろうがどうでもいいから、とりあえずこれからどうする?

って、問うてみてください。

 

私の人生に必要なものは?欠かせないものは?背負っても重くない荷物は何?どんなことに対してなら責任を負える?

 

逆に、どんなことに対す責任は心に無理がある?あなたをあなたらしくするのに必要なのはどんな時間?あなたを、あなたらしくない状態にするのはどんな時間?

・・・・問うてみて、ヴィジョンの原型を、大枠をまずは描いてください。

 

心に素直に、勇気を持って率直に。誰に宣言するでもなく、あなたの心にまずは宣言をする。

ヴィジョンがざっと見えると、自分はどのようにして生きていきたいのかがなんとなく、見えてきます。

 

甘えとか弱さじゃないんです。望んでいる自分の人生を生きるということは、自分中心に生きるということですが、それは全体にとって非常に重要なことなんです。

 

自分の中心を大切にして生きている人は、自分の責任は自分の責任です。

責任が取れないことはやらない、という勇気を持つことができます。そうすると、無理をする人がいなくなります。

 

結果的に、だれかが壊れるまで働くことも、才能がない人が才能のないことをやって結果が出ないこともなく、豊かに循環します。

 

素直なヴィジョンが、必要なの。心を開いて生きていけるような、そんな環境が私たちは誰にとっても必要なのです。

 

ヴィジョンが描けた時に、初めて過去と今と未来が揃います。いま、ここにいる自分は過去と未来をつなぐ架け橋の存在です。


 

真ん中にいる今のあなたは、ヴィジョンと過去をつなぎます。

過去にあったことが未来のヴィジョンにどう生きるのか?どういう学びや教訓になるのか?どういう意味をもたらすのか?

 

いま、のあなたが、未来のヴィジョンとともに、過去のあなたに存在意義を与えるのです。

・・・学びになり、教訓になり、未来のヴィジョンのあなたを支える過去に対して、感謝が湧いてきます。

ありがとう、ではあなたはそこにいて、これからの私を支えてください、となります。

 

・・・学びになることはなく、もうお役目を終えた過去には、もうお役目を終えたのでおやすみしていいですよ、お疲れ様でした、おかげさまでした、これから新しいところに行ってきます、と言ってさようならできます。

 

抽象的な書き方をしましたが、つまりはシンプルです。

ヴィジョン描く。大枠でもいいから。あなたの心が振動するような、心が震えるような。安心とかホッとするとかそんなのさえ超えた。

 

あなたの人生そのものが必要としているものを詰め込んだ、あなただけの宝箱を開けて。

いまのあなたが未来と過去の仲介人になって、教訓に変えていける過去は未来へと引き継ぎ、お役目を終えた過去には敬意をたたえ、さようならする。

 

・・・そうやって過去と付き合うと、ものすごいパワーを与えてくれることがわかります。

 

あぁ、苦しいとか嫌だとか理由とか言い訳ばっかりにして、嫌な役目させてわたしを守ってくれていたんだね、ってこともわかります。

 

私たちは過去を理由にして、過去を暖かいダウンにして、身をくるんでいる。でも、それほど今生きている現実は、怖いものじゃないんです。

 

 

ダウンを脱ぐ。でも、ダウンを捨てるかどうかは、別の話。あなたの人生にとって必要ならば、お供させたらよいでしょう。その時、傷は勲章となります。

 

あなたの旅路において不利な場合、お役目はない場合であっても、今までなんだかんだ身を包んで暖まっていたのだから、ありがたい話です。

 

私はこのようにして過去を癒し、許し、自分や他者を許し、そして手放してきました。

しかし実際には、未来へとつながるヴィジョンに引き継がれている過去の教訓がたくさんあります。

 

ものすごい数での過去を、実は私引き連れているんですよね。(軽そうに見えても、たくさん引き連れているよ。)

でも、その過去達には存在意義があるの。ちゃんと存在している理由を私が与えたから。キラキラ輝いてくれるし、生き生きとしている。全然、お荷物じゃない。

 

あなたは、私がこれから先、このようなことをしそうになったら止めてください。

あなたは、私がこれから先このような自分でい続けられるための、引き金になってください。

 

そうやって過去とともに、生きている。

あなたが共にしたい過去は?

あなたの未来に引き連れていきたい過去は?

不思議と今の自分も未来の自分も、全部、好きになりますよ。

 

ぜひ、メルマガ何度も読んで、満月の夜・・・過去の手放しを、過去の変革をしちゃってくださいね。

 

(2018年9月25日メルマガ終わり)


コンテンツの配信はこちら

 



LINEで送る

最近チェックしたコンテンツ

BOOKS -著書一覧

もっと見る
秦由佳 Twitter FaceBook LINE@
秦由佳について
Top Page About Works  └ 株式会社 KOKUMI  └ ライフスタイルブランド sophia philein  └ 一般社団法人 潜在数秘術 ®︎ 協会  └ 一般社団法人 潜在意識デザイン協会  └ RYC メソッド ®︎  └ 潜在意識デザイン ®︎  └ 潜在意識メイキング
読む・学ぶ
Blog Journal Books
最新情報を知る
News Mail Magazine
製品
Products
SNSでフォロー
ハタユカラボLine@ 秦由佳Facebook 秦由佳Twitter