現象解剖学枯れた植物からわかること!その2《現象解剖学》

この記事の続きです。

観葉植物が枯れたことによって、いろいろなことが見えてきましたね。

例えば、ここ。

 

●行動・行為がカバーしようとしている(隠そうとしている)感情や反応

 

罪悪感

劣等感

羞恥心

 

これは、自分が観葉植物に投影している、

”避けようとしている感情・反応”たちです。

 

さらに、ここ。

 

●思考から読み取るセルフイメージ

 

わたしは面倒見が悪い人間である

わたしは雑な人間である

わたしはみっともない

 

これも、現象に投影しているセルフイメージのうち、

排除しようとしている自分の姿、

あるいは認めたくない自分自身の一部分です。

 

 

悪だとしている自分で、罪悪感はこの悪だと

設定している自分がしでかしたことに対して抱く、

ネガティブな記憶についています。

 
 

で、重要なのがここ!

●価値観・ルール・信念が求めるその先の世界

 

※価値観・ルール・信念が満たされるとどのような世界を過ごせるか?

 

面倒見が良いと周りと仲良くできる

丁寧にすることができると、より良い生活ができる

ちゃんと面倒をみることで心地よい環境で過ごすことができる

丁寧にすることで誰もが良い気分になれる

 

ここで、潜在的に求めていること、

望んでいる世界が垣間見れますね。

 

結局、面倒見がよいかどうかよりも、後半部分が大事。

実は・・・

 

”観葉植物が枯れる”という現象が起きたの理由には、

この”潜在的に望んでいる世界”が関係しているのです。

 

 

たとえばわたしの場合・・・

 

潜在的に望んでいる世界

 

周りと仲良くしたい

より良い生活がしたい

心地よい環境で過ごしたい

誰もが良い気分でいてほしい

 

 

言葉にすると、全員当てはまりそうですが(笑)

 

同じような表現でも、ひとそれぞれもっと細かい世界観は違うものなので、ご安心を。

 

観葉植物が枯れる現象によって、

潜在しているこの望む世界が刺激されました。

 

そう、この現象によって、深部が刺激された!と考えてください。

f:id:ryc-method:20180108184700j:plain

深部の世界観が刺激されると、

下の方から振動して上の方にあがっていきます。

 

途中の層にある潜在した価値観やルール、信念も振動します。

 

だから、ねば、べき、も出てくるし、罪悪感も出てくるんですね。

 

その上でここに注目

●その先の世界の、その先の世界

 

周りと仲良くできると、大切なみんなが笑顔でいられて、自分はとても幸せになれる

 

丁寧にすることでより良い生活ができると、余裕のある自分でいられる

 

心地よい環境で過ごすことができると、みんながポテンシャルを発揮できるようになる

 

誰もが良い気分で過ごすことで、みんなが助け合って循環する無理のない世界になる

 

 

 

これらから自分が気になるキーワードをピックアップします。

 

*笑顔

*余裕ある自分

*ポテンシャルの発揮

*助け合い

 

 

ここまできて、ようやく一つの結論が見えてきました。

 

枯れた観葉植物の現象は、わたしが

 

笑顔を忘れている

余裕ある自分から遠ざかっている

ポテンシャル発揮できていない

助け合えていない

 

ことの象徴、シンボルだったんです~!!!!

 

つまり、自分自身が深いところで望んでいるあり方を忘れているよ、

のサインですし、

メッセージであり、結果なのです。

今は、笑顔を忘れず、余裕をつくり、

ポテンシャルを発揮しまくって、周りと助け合うことを意識して、

この植物がどう変わるのか?実験中です。

ただ、実際にはここまでわかると、すっきりしますね。

何がどのような意味をもって起きているのか?が

 

このように解剖していくことができるのです。

 


 

いかがですか?

今回ブログで解説したのは、現象解剖学の本の5割程度ですが、参考にしてほしいと思います。

 

本質的にどういう仕組みになっているか?は

グランドマスタークラスで解説していますが、

マスター受講した方はぜひ、参加して潜在意識の世界を極めていってくださいね!

 

 

毎日がもっと楽しくなる、そんな潜在意識の叡智たちばかりです。

 

最近チェックしたコンテンツ

BOOKS -著書一覧

もっと見る