Message Board

昔のブログ記事をご紹介したり、日々のことを投稿したりします。
本格的なレポート記事はジャーナルをお楽しみください。

journal一覧を見る
無料メルマガのご登録はこちらから

やりたくないのに、やらなければいけない、

やりたくないのに、やるといってしまったことがあったらどうする??

本当はやりたくないのにやっていることに気づいた時、どうする?

 

 

 

わたしは、、、

 

 

とりあえず、やるといったことに対する責任はとる。やらないと決めるか、やるか、どうするにせよ自分で決めたことは自分で責任とる。基本姿勢。

 

 

ただし、やるといったのに辞めてもいいし、やるといったことをやってもいいし、どちらにせよメリットデメリットは両方あるので、それをまずは認識する。

 

 

 

やりたくないことを、そのままやる場合

 

 

やりたくないことに対する捉え方を変えて、意義を見出してからやる。

 

考えかたや見る角度を変えてみたらやってみたいと思えるようになることがある。

 

 

どうしたって意義が見出せないなら、やめる勇気をもつ。

 

感情的に辞めたいことは、感情を出すことが目的だから、辞めなくても我慢してる感情を出せばスッキリすることが多い。

 

 

スッキリすると、やりたくない感覚が変わる。本当は辞めなくていいパターンだ。

 

 

 

やらないことにする場合

 

 

一度やるといったのにやらないと言うわけなので、それに対して何をどう言われたとしても受け入れる勇気を持つ。

 

あるいは、我慢してやりたくないのにやっていたのだから、それをやめる時は

 

恥ずかしいとかカッコ悪いとか怖いとか不安とか、そんなのは当たり前で。

 

 

いずれ感じる感情だったのだから

 

それが我慢の後のタイミングだったということ。

 

 

我慢の前に「やりたくありません」と言う

 

我慢した後に「やりたくありません」と言う

 

 

どちらにせよ、同じ感情を通過する必要があったということ。

 

 

だから、遅かれ早かれどのみちその恥ずかしさとカッコ悪さと不安と恐れと勇気とやらに出会うのだ。

 

 

どっちのパターンも感情が絡んでる。

 

どっちにしようと、自分の心に触れてあげるといいよね。

 

 

 

はたさんは、伸ばしたいわけじゃないのに伸ばすと言っていた髪の毛を、いつものお気に入りバージョンに戻しましたとさ。

 

 

 

 

LINEで送る

著書一覧

最近チェックしたコンテンツ

BOOKS -著書一覧

もっと見る
秦由佳 Twitter FaceBook LINE@
秦由佳について
Top Page About Works  └ 株式会社 KOKUMI  └ ライフスタイルブランド sophia philein  └ 一般社団法人 潜在数秘術 ®︎ 協会  └ 一般社団法人 潜在意識デザイン協会  └ RYC メソッド ®︎  └ 潜在意識デザイン ®︎  └ 潜在意識メイキング
読む・学ぶ
Blog Journal Books
最新情報を知る
News Mail Magazine
製品
Products
SNSでフォロー
ハタユカラボLine@ 秦由佳Facebook 秦由佳Twitter