Message Board

昔のブログ記事をご紹介したり、日々のことを投稿したりします。
本格的なレポート記事はジャーナルをお楽しみください。

journal一覧を見る
無料メルマガのご登録はこちらから

答えが出なくて焦るときは。

答えが出ないとしても、

 

 

「答えが出ないという答え」は、はっきり出ているよね?

 

じゃあ、それをまずは大事にしてみようじゃんって、いつも思っています。

 

 

 

例えば、先日あるメールを頂きまして。

 

お返事したいのですが、それに答える内容がパッと思い浮かばず・・・。

 

 

早く返してくださいと言われているわけでもないため、お言葉に甘えて

 

”どう返事しようか迷っている”という明確な答えをまずは大切にしています。

 

 

 

だいたい答えがわからなくて苦しい時というのは、

 

本当は出ている答えを

 

『これじゃダメだ』とか

『こんな答えはダメだ』と

 

思っていることが、大半です。

 

 

あるいは、相手に気に入られる答えを探していたり、

安全で失敗しない答えだけを聞こうとしたり。

 

 

 

素直になれないんですよね、

その時その時の自分に。

相手の顔色うかがっちゃう。

人のご機嫌取りしちゃう。

 

誰かのために答えを出すことが習慣になると、

”自分のための答え”ではなくなるので

そりゃあ、うん。

わからなくなるわね。

 

 


 

 

 

 

わかる?と聞かれて

今はまだわからない、と言ったら

なんでわからないのだ、と言われたとしても

 

『それはあなたのタイミングです。

あなたのわかって欲しいタイミングで

私がわからなければならない理由は

ありません』

 

っと。

 

 

子どもの時にこう、ピシャッと言えたならよかったなぁ(しみじみ)

 

 

相手のわかって欲しいタイミングで

自分がわからなかったり。

 

 

相手の欲しい答えが

自分の中になかったり。

 

 

そんな時であっても、

 

『今はまだわからないけれども、

 

だからと言ってどうでも良いわけではないです』

 

 

という気持ちも伝えることができたり、

 

 

『あなたの欲しい答えとは違うかもしれないけれど、

 

私の素直な答えはこれです。

 

変わることもあるかもしれませんが、

 

今はこれが素直な答えです』

 

 

 

とコミュニケーションが取れたなら、良いですよね。

 

 

 

私はこの仕事を通して

 

他者の答えと付き合うことの重要さをヒシヒシと学ばされました。

 

 

自分がこう思って欲しい

こういう風な答えを出して欲しい

という気持ちはあるけれど、

 

 

必ずしも自分に合わせなければいけないなんてことはなく。

 

むしろ、自分だって誰かの答えを

強要されるのは、嫌だしね。

 

 

 

かと言って、誰かに何かを伝える側・教える側の人間としては、

 

”その人自身の答え”と

 

どんな姿勢で向き合えば良いのか、

 

 

未だ、問い続ける日々です。

 

 

それがまた、楽しかったりもするんだけどね。

 

 

 

『それはあなたのタイミングです。

あなたのわかって欲しいタイミングで

私がわからなければならない理由は

ありません』

 

 

だけど、

 

 

『今はまだわからないけれど、

その答えについて考えたいという意思はあります』

 

 

そんな風に対話し合えたら、

 

もっとみんな

”答え”とかに

気づきやすくなるんじゃないかと、思うのでした。

 

 

 

 

長年続けてきたブログ発信と動画コンテンツ・音声コンテンツはこちらのまとめサイトにあるのでぜひご利用くださいませ。

 

 

LINEで送る

著書一覧

最近チェックしたコンテンツ

BOOKS -著書一覧

もっと見る
秦由佳 Twitter FaceBook LINE@
秦由佳について
Top Page About Works  └ 株式会社 KOKUMI  └ ライフスタイルブランド sophia philein  └ 一般社団法人 潜在数秘術 ®︎ 協会  └ 一般社団法人 潜在意識デザイン協会  └ RYC メソッド ®︎  └ 潜在意識デザイン ®︎  └ 潜在意識メイキング
読む・学ぶ
Blog Journal Books
最新情報を知る
News Mail Magazine
製品
Products
SNSでフォロー
ハタユカラボLine@ 秦由佳Facebook 秦由佳Twitter