Message Board

昔のブログ記事をご紹介したり、日々のことを投稿したりします。
本格的なレポート記事はジャーナルをお楽しみください。

journal一覧を見る
無料メルマガのご登録はこちらから

『すべてはうまくいっている』の意味はパンケーキづくりから学べる

パンケーキミックスを使ってパンケーキをつくるとき。

 

そこには必要な材料とか分量とか手順とか焼きかたとかすべて書いてある。

 

 

 

しかも、めんどうなことは割としてくれていて、身近にあるもの(だいたいは日常的にあるものやすでにあるもの)などを書いてある通りに準備して、書いてある通りに入れてつくればいい。

 

 

それで望んでいることは完成し、あなたの食べたかったパンケーキを手に入れることができる。

 

 

(ニュージーンランドで初めて食べたバナナとベーコンのパンケーキ)

 

 

 

すべてはうまくいっている、ということを知っている人は、パンケーキミックスの箱に書いてある内容をまず、疑わない。

 

 

書いてあることがよく見えて、そして自分の身の回りにあるものも良く見えている。

 

 

書いてある順番に対していちいち疑うこともなくその通りにし、分量も考えたりすることなくその通りに入れる。

 

 

すべて書いてある通りにするが、手を動かさなければパンケーキは完成しないことも知っている。

 

 

しかし、書いてある通りにすればすべてうまくいくことも、知っているし、自分のことも良く見えているので、手元にすでにある材料で作れることを知っている。

 

 

すべてはうまくいっているということは、決して放っておいたらパンケーキがやってくるということでもなければ、放置していたらいいということではない。

 

 

よく見て、勝手な解釈や勝手な思い込みによってパンケーキに要らないものを足したり引いたりすることなく、順番もすべてこたえがそこにあるのだからそのままやればよし、ということなのである。

 

 

大体の場合は、パンケーキミックスの箱に書いてあることがまず読めない。ボヤけているのである。だから自分で考えなくてはいけない。レシピから分量まで。考えることが多すぎるのだ。

 

 

さらに、すべてが書いてあることが見えたとしても、そこに解釈を加えたり、いちいち複雑に考えたりする。

 

 

卵は1つでいいのか、卵は身体にいいらしいから2個くらい入れたほうがいいんじゃないか、とか牛乳はどうして入れなければいけないのか、とか本当にこの分量でいいのか、少なすぎるんじゃないかといって

 

 

いちいち悩んだり考えたりするから手が止まってパンケーキになるのが遅くなる。

 

 

さらに良くあるのが、そもそも焼くのをやめてしまう、ということだ。パンケーキの存在も忘れ、そんなもの食べたいという気持ちさえ忘れてしまう。

 

パンケーキをヴィジョンや夢、自分の本心からやりたいと思っていることや、心からの願望だとしよう。

 

 

それは、素直に見ることができたら、実はそこにはプロセスのすべてが書いてある。

 

 

そしてあなた自身の身の周りをよく見渡すことができて、これも曇りなき心の眼で見渡すことができたときに、そのヴィジョンに必要な材料はすでに揃っているということが、わかる。

 

 

そして、その通りに実行し、複雑に考えたり、難しく考えたり、余計なものを足したり引いたりせずに、忠実に、素直に、あるがままにやっていけば、必ず食べたいものが食べられるのである。

 

 

それを知っていること、それを知った上でパンケーキを焼くという行為をするというのが、”すべてはうまくいっている”を知っているということになる。

 

 

 

 

 

 

さぁきっと、パンケーキを食べたくなったに違いない。

(少なくともわたしは明日のお昼にパンケーキを食べようと思う)

 

 

 

LINEで送る

著書一覧

最近チェックしたコンテンツ

BOOKS -著書一覧

もっと見る
秦由佳 Twitter FaceBook LINE@
秦由佳について
Top Page About Works  └ 株式会社 KOKUMI  └ ライフスタイルブランド sophia philein  └ 一般社団法人 潜在数秘術 ®︎ 協会  └ 一般社団法人 潜在意識デザイン協会  └ RYC メソッド ®︎  └ 潜在意識デザイン ®︎  └ 潜在意識メイキング
読む・学ぶ
Blog Journal Books
最新情報を知る
News Mail Magazine
製品
Products
SNSでフォロー
ハタユカラボLine@ 秦由佳Facebook 秦由佳Twitter