2019年1月9日配信のビジコア無料メルマガより一部抜粋した内容です。

 

ビジネスコアプログラム無料メール講座についてはこちら

 


 

先日、facebookにこのような投稿をしました。

 

──────ここから──────

 

自分の好きで好きで好きでたまらないことを仕事にするのではなく、

 

好きで好きでたまらないことをし続けられる人生に適した働きかたを創る

 

 

これにシフトする2019年に、と考えてます。

 

この2つ、似てるようで全然違います。

 

前者は、仕事がベース。後者は、ライフスタイルがベース。

 

前者は、承認欲求が関与してくるけど、後者は本質が関与してくる。

 

 

昔から、好きなことを仕事に、と考えてきました、語ってもましたし、講座もコンテンツもたくさん生み出しました。

 

でも、気づいたのです。別に仕事じゃなくてもいいや、と(笑)

 

 

私。好きなこと好きなようにしてたいだけだ。

 

だから、働くことから自由になろう、と。

 

─────ここまで──────

 

 

去年から

 

働くことから自由になろう
時間とお金と働きがいのある人生をつくろう

 

というメッセージを発信してきました。

 

 

それは、

 

好きでたまらないことをし続けられる人生のために必要

 

だからです。

 

 

ただ、働くことから自由になることや、時間とお金と働きがいをつくるというのは何も、

 

 

ただの時間やお金がたっぷりある余裕をつくる、ということだけではありません。

 

─────────

 

どんな時間
どんなお金
どんな”体験”

 

をつくりたいのか

 

─────────

 

そこが非常に重要となってきます。

 

 

そのヴィジョンがないと時間とお金はつくれませんし、

 

 

つくれたとしても宝の持ち腐れ状態になって

 

人によっては逆に無価値観や無力感、罪悪感を感じることになってしまいます。

 

 

あなたは、どんな時間やお金を仕事でつくりたいですか?

 

 

どんな体験をしていきたいですか?

 

///

 

自分が仕事や働くことを通して、つくりたい時間とお金が自由につくれるとなったら・・・

 

そもそもその状態こそが、”働くことから自由になる”ということだと定義しています。

 

 

例えば。

 

私は、働くことを通してこのような時間をつくりたいです。

 

 

▼絶対的な時間の要素

 

 

・クリエイティブな時間
・一人で静かにゆっくり考える時間
・一人で作業する時間
・午前中の静かな時間
・文章を書く時間
・メモで考えをまとめる時間
・デザインする時間
・旅に出る時間
・パートナーとご飯を食べる時間

 

これ以外の時間は、私にとって絶対的なものではないから、優先順位が下がります。

 

 

絶対的な時間に、友人と遊ぶ時間や、映画を見る時間、音楽を聴く時間や買い物をする時間は、入りません。

 

好きだけど、絶対的なものではないのです。

 

 

このような時間が私の働く環境や働きかたの中に含まれていないと、

 

きっとどんな種類の仕事をしても、どんなに好きなことに関わっていても、私はその仕事を楽しめなくなります。

 

 

絶対に確保したい時間。

 

 

次にお金。

 

▼お金の絶対的要素

 

何かを生み出す時の制作費
服(ファッション)を買うお金
食べたいものを食べるお金
旅行のお金
カメラのお金
移動のお金
本のお金

 

 

これも時間と同じで、絶対的なものです。

 

 

それ以外にも使いたいものはありますが、なくても構わないものは抜いています。

 

働くことでこれらに対して、自由に使えるお金がなければ

 

私はどんだけお金を稼いだとしても自由を感じないし、幸せではありません。

 

 

そして、これらにお金を使うことが、自分の働くことや仕事につながるようにします。

 

つまり、好きなことにお金を使っても
それが仕事になる、仕事に活かせる

 

そんな働きかたを目指すのですね。

 

 

ちなみにわたしは服が好きだけど、普段はこだわりません。

 

しかし、好きです(笑)

 

家に引きこもる働きかただったら、服買っても仕事にはつながりません。

 

 

でも、講師として人前に立つことがあると、つながりが生まれます。

 

 

現在、旅行に行くことが仕事に全然つながりませんので

 

水面下でそれが仕事になるよう、準備中です。

 

 

移動にお金をかけたい
(タクシー、グリーン車、ビジネスクラスなど)

 

でも、移動中に仕事ができる働きかたなのでこれはかなり、つながりがあります。

 

 

このようなイメージが、好きなことにお金を使っても、仕事に活きる働きかた、ということです。

 

///

 

いくら年収が欲しいとか
いくら稼ぎたいとか

 

みんな考えだすけど、

 

わたしはそれで満足いく答えが出たこと、ありませんでした。

 

 

金額よりも

 

”何に使うお金か”が重要で

 

それが自由であればあるほど、お金を得ることもウェルカムしやすいですよね。

 

だから、

 

自分がいくら稼ぎたいのか?じゃなくて、

 

”何に使うお金”を稼ぐことができれば、お金の自由を感じるのか。

 

そこを知ること、それを決めることが大切なんです。

 

///

 

そして”働きがい”

 

 

これは、自分がどのような瞬間に働きがいを感じるのか、というところがポイントですが

 

他者に感謝された時や、自分のやったことが誰かの幸せ・喜びにつながったと感じた時に

 

ほとんどの人は働きがいを感じます。

 

しかし・・・そこにも個々の違いはあって。

 

例えば私の例を見てみましょう。

 

▼私にとっての”働きがい”絶対的要素

 

●●!と言ってもらえること(これは内緒。笑)

 

ときめきを感じてもらう、
ときめいてもらう
きゅんとして嬉しい気持ちになってもらう
目がキラキラする
相手が自分の力に目覚める
他者が自分の本質的な価値に気づき、
それによって力がみなぎる様

 

etc,,,

 

 

こういった瞬間を体感できる働きかたじゃないと、わたしは心が死んでしまいます。

 

こういう体験を生み出せないと、どんどん廃れていきます。

 

 

正直言いますが、

 

どんなに感謝されても感謝されたいことで、感謝されなければその本人は満たされない。

 

この辺は、自分のコアや本質と関係してきます。

 

 

要するに、

 

”自分がコアな部分で他者に対し、与えたいと思っている影響”が

 

相手に与えられた、届けられた、シェアできた、と思った時

 

私たちは働きがいを感じるようになっているんです。

 

 

やってよかった

 

と心から思えて、感謝がわく。そしてまたやろう、って自然と力が湧く。

 

これら3つの絶対的要素は人によって全然違います。

 

それを発見し、決めていくワークは、一般募集を開始した創職ラボラトリーの事前レクチャーでやる予定です。

 

創職ラボラトリーについてはこちら

 

事前レクチャーは1月24日からスタート予定です。

 

///

 

好きで好きでたまらないことをし続けられる人生に合わせた、適切な働きかたを創る

 

というのは

 

好きなことのために働くのではなく、働くことを好きになるでもなく。

 

仕事や働くことを、好きなことをし続けられる人生を構成する一つの要素として捉える、ということです。

 

 

どんなライフスタイル、日常を過ごしたいのかに合わせて、働きかたを創る。

 

いろんな場所に行くライフスタイルを過ごしたいなら、それに合わせた働きかたやそれが可能な働きかたを創る。

 

その可能性を創る。

 

いろんな人にたくさん会って、人と多く交流するライフスタイルを過ごしたいなら、それに合わせた働きかたができるような”可能性”を創る。

 

 

本当は万人に、いつだって平等の可能性が与えられています。

 

しかし、それを自分の可能性にしたいなら、自分に合わせたツールを用意しなくてはなりません。

 

 

そう、可能性は現実味を帯びて初めて、自分のものになります。

 

 

自分にはスキルもないし専門性もないし特技とか活かせるのもないし・・・

 

と不自由さを感じているなら、まさにチャンス!

 

あるいは、自分はこういうことしかできないから、こういう働きかたしかできない・・・

 

と考えている人も、チャンス!!

 

 

そんなことはないんだよ!!ということを、大きな声で述べたいのです。

 

 

そして、創職ラボラトリーという場へは、希望だけではなく、不安や恐れをどうぞ”抱えたまま”でいらしてください。

 

 

もちろん楽しみにして欲しいですけど(笑)

 

 

自分のことがわからない分
ヴィジョンが見えない分
過去を引きずりたくない分

 

より効果的かと、思います。

 

///

 

私は大した資格も持っていないし、学歴もないし、専門といえば潜在意識のことだけだけど

 

どの業界でも、どんな人たちとも仕事ができる確信があります。

 

 

不思議なことに、どんどんやったことのないジャンルの仕事が決まっていくのですが(潜在意識の”せ”の字もないような分野、ジャンル)

 

 

なぜか、話が進むんですね。

 

 

簡単に言えば、

 

実績も成功体験もないけれど
仕事が決まる
お願いされる
舞い込んでくる

 

という現象。

 

もちろん、ある程度信頼してもらえる実績はあるにしても、それは上には上がいますから、私の実績なんて大したもんじゃありません。

 

 

目に見えてわかりやすい実績があるからいろいろな方と仕事をするきっかけがやってくるのでしょうか?

 

それは、分かりやすい資格や才能があるからでしょうか?

 

 

いいえ、違います。

 

確かに実績はあるに越したことはありません。

 

しかし、これからの時代はそれ以上に求められる素質というものがあるのです。

 

 

わたしが準備してきたのは、

 

・自分自身が能力発揮するためのルール(マイルール)と

 

・自分のできることが他者に対してどのような効果を発揮するのか、という認識と

 

そして、

 

・他者にわかってもらえる手段

 

なんです。

 

 

自分の方から自分の活かしかたを提案できる。

 

 

それは、他者に信頼感を与えます。

 

 

だから、よくわからない奴だと思われているのに(笑)

 

仕事を任せてもらえる。ありがたい話です。

 

 

わたしに

 

気合があるから?
根性があるから?
メンタルが強いから?

 

いいえ違います。

 

”準備”をしているから

 

”準備”をしたから、です。

 

 

いくらいいもの持っていたって、伝わらなければ意味がありませんよね。

 

だから準備。手段を構築する。

 

”何をする”とか”どんなことをする”とかは、その都度選べばいい。

 

自分の興味対象に合わせて、変えればいいんです。

 

 

///

 

 

長くなってきたのでそろそろまとめに入ります。

 

まず、今こそ、ヴィジョンを見直すことが大切だと思っています。

 

この変化の時こそ、今いちど

 

”どんな人生を歩みたいのか”というところからヴィジョンを描き、

 

それを構築する一つの要素として仕事や働きかたを捉える。

 

 

好きなことを
好きなように
し続けられるために必要なのは

 

時間とお金

 

働くことをし続けたいなら
働きがいも必要

 

 

サスティナブル(持続可能)な働きかたのためには

 

働きがいが、必要だと考えています。

 

 

なので、好きなことをし続けられる可能性をもたらす

 

準備

 

をする。

 

 

そうしないと、

 

今の世の中じゃ簡単に仕事とか働くことに人生が支配されてしまうと思うのです。

 

///

 

また、

 

これから提案していきたい働きかたは、?敏感さんや神経質さんにとっても?新しい考えになるのではないかと思います。

 

 

好きなことを
好きなように
し続けることで

 

自分がいつも元気で喜びや幸せに満ちていることができて

 

さらにそこから良き仕事をすることができることで、他者にも社会にも還元できる。

 

 

このようなサイクルを作るためには、

 

・ストレス
・必要のない緊張
・プレッシャー
・必要のない責任感

 

を無くしていくことが重要です。

 

 

神経質さん
過敏さん

 

 

わたしも含め、周りにたくさんいるのですがこういったタイプは

 

ストレスや
緊張
プレッシャー
目標とか成功とか
成果とか結果とか
競争とか

 

そういうことに

 

本能的な才能を押しつぶされてしまいがちなんです。

 

 

これらに弱い自分のことを逃げているだのメンタル弱いだの、思っていました。

 

でも、ちがう、と。変えられないのだもの。

 

やはり、わたしはわたしに合わせたやり方を確立させよう、と。

 

そこで、成功も結果もキャリアも手放しました。

 

あーいらないいらない、と。

 

大金持ちになるとか
有名になるとか、
あーいらない。

 

他者の評価も、いらない。
(信頼は、要る)

 

 

好きなことをし続けたいだけで好きな自分でい続けたいだけ、

 

自分の本質を出し続けるだけでOK

 

 

そのような理想を去年、描きました。

 

 

ただ、それだけに集中する働きかたが”実現可能である”と、

 

自分がちゃんと思えるための準備、そして手段を構築する、行動することは必要ですよね。

 

ひとりじゃあ孤独だから、みんなでやろう。

 

それで創職ラボラトリーをはじめました。

 

///

 

今回の創職ラボラトリーはとにかく

 

・ヴィジョンを明確にして
・つくりたい時間とお金、働きがいを明確にし
・その手段を構築する

 

これに集中しています。

 

 

ヴィジョンの講義を通してマイルールを創り、信頼関係を構築する準備をする。

 

その上で、自分の社会的な価値を表現できるツールを準備する。

 

それがマイポートフォリオの制作。

 

そういったカリキュラムに今回は、なっています。

 

 

///

 

ヴィジョンを描く、はイメージングとまったく違い

 

大事にしていることを浮き彫りにしていくこと。

 

マイルールはあなた自身の時間とお金と心を守る。

 

自分の役割を見つけること自分の社会的な価値を知ることは、あなたの可能性を広げること。

 

そして、マイポートフォリオを創ることはあなたを自由にすること。

 

 

それをサポートするようなレッスンをたくさん用意しています。

 

 

日時の都合が・・・
オンラインがいい・・・
遠方で・・・
まだそこまでのレベルでは・・・

 

そういう方は

 

哲学コース

 

へお越しください!

 

 

潜在意識にまつわる講義
マイポートフォリオの講義
ヴィジョンの講義
ビジネスの講義

 

が受けられます。

 

 

2019年、ともに創職をしませんか??

 

(2019年1月9日配信のメルマガより一部抜粋)


コンテンツの配信はこちら

 



LINEで送る

最近チェックしたコンテンツ

BOOKS -著書一覧

もっと見る
秦由佳 Twitter FaceBook LINE@
秦由佳について
Top Page About Works  └ 株式会社 KOKUMI  └ ライフスタイルブランド sophia philein  └ 一般社団法人 潜在数秘術 ®︎ 協会  └ 一般社団法人 潜在意識デザイン協会  └ RYC メソッド ®︎  └ 潜在意識デザイン ®︎  └ 潜在意識メイキング
読む・学ぶ
Blog Journal Books
最新情報を知る
News Mail Magazine
製品
Products
SNSでフォロー
ハタユカラボLine@ 秦由佳Facebook 秦由佳Twitter