洞察自分自身とのパートナーシップを築く

 

愛の物語を届けていきたいなぁ・・・

 

なんて、ふと思いまして。新鮮な気持ちで久々にタイピングをしております。

 

 

この頃、”書きたい!”という気持ちになれるテーマがそれほどなかった中で、今回の執筆は久しぶりの心の充実感と安心感、そして書くことの喜びを教えてくれもしました。

 

本題に入る前に少しこのことについて触れたいと思います。

 

 

20歳で潜在意識に関するブログを書き出してはや8年。

 

 

最初の頃はもう、とにかく学ぶことが楽しくて仕方がなかったのと、毎日が発見の連続だったため、

 

その記録として、ブログを書き残していました。

 

 

次第に読む方が増えてやる気になり、どうしたらもっとうまく伝わるかな?なんて考えながらやっていたら、いつの間にか仕事になっていたものです。

 

 

それから数年、私にとって潜在意識のことや心のことを書くのは、気づけば”仕事としての義務”になっていました。

 

なので、だんだんと楽しくなくなっていきました。

 

日々の気づき、それも”人生が教えてくれる奇跡”にまつわる言葉たちではなく、

 

いかに上手に、いかに能力と知識があり、いかに多彩でわかりやすい表現で、いかに的確であるか、ということを最重要視した言葉たちを並べるようになりました。

 

 

そのようになっていくごとに、書くということが愛を表現することではなく、書くということは私の能力を証明する手段となってしまいました。

 

書く”目的”をリセット

 

インスパイアニュースレターをスタートさせたのは、一度ゆっくり自分の”書く”ということをリセットし、元の場所からスタートさせたいという気持ちがありました。

 

 

自分がこれから何について書くのか?どんなあり方で書くのか?書くことを通して何を表現しようとしているのか?その時はわからずにいました。

 

 

今、その答えが突然やってきましたので、ようやくここから

 

”ある意味本当のインスパイア”ニュースレターのはじまりとなりそうです。

 

新しい、でも原点のテーマにもどる

 

人生の奇跡をインスパイアするニュースレターとして、しばらくは

 

”自分自身とのパートナーシップを築く”こと

 

をテーマに配信していきます。

 

 

このシリーズはしばらく続くと思います。

 

およそ月に1から2本、メルマガを配信します。

 

月に1本の時は、音声をつけます。月に2本の時は音声がつきません。

 

 

シリーズがどこで終わるのかいまだにわかりませんが、人生の奇跡性について私の表現を通し、

 

 

皆さんの中に”既にある”愛のインスパイアになればいいな、と思っています。

 

 

そして、私も書くことを通して、私とより深く繋がっていきます。

 

 

あなた自身も、あなた自身とより深く繋がっていってくださいね。

 

 

そこから光が。祈りとともに。

 

 

大丈夫、すべてうまくいっている、って?

まずは、こんな感じでお届けしていきますよーというサンプルとして、内容の一部をお届けします。

 

 

この内容は、2月に配信する「自分自身とのパートナーシップを築くvol,1」の一部です。2月は16日ー20日に配信の予定です。

 

すべてを読まれたい方は、ご購読くださいませ!(一番下に案内があります)

 


 

大丈夫、は真理からもたらされるのであり能力から生まれるのではない

 

 

大丈夫、全てうまくいっている

 

この言葉、教え、法則について解き明かしていきましょう。

 

まず重要なのは、大丈夫は常に流れているということです。

 

 

大丈夫には条件がありません。

 

あの人はこうだから大丈夫、この人はこうだから大丈夫じゃない、ということはありません。

 

 

大丈夫、をもたらすのはあなた自身ではなく

 

大丈夫、は常にそこら中に溢れているのだということです。

 

 

私たちは自分の能力で大丈夫を作ろうとします。

 

大丈夫な状態を、大丈夫な心境を、大丈夫な関係性を・・・

 

 

心が嵐のような状態の時であっても、大丈夫はあなた自身の能力や知識がもたらすものではないのです。

 

 

私たちができることはただひとつ。

 

私たちの個人的な才能がもたらしているわけではない、常にどんなときでも溢れている大丈夫を受け取ることだけです。

 

 

必死こいて頭で考えて、大丈夫な”理由”を探そうとすること、これも自分の能力によって大丈夫を生み出そうとしています。

 

 

知識や学んだことを生かして、何とか状況を好転させようとしたり、感情をポジティブに変えようとしたりすることも、自分の能力を通して大丈夫を生み出そうとしているのです。

 

 

しかし、残念ながらそれは、条件付きの大丈夫、ですから、期限があるというか制限があるというか、

 

とにかく一次的なものにはなりますが、後から逆に自分を不安にさせる要素にもなります。

 

 

能力や知識、ポジティブな思考転換によって生まれた大丈夫、に絶大な信頼を寄せていると、あなた自身が常に大丈夫の中にいることを忘れてしまいます。

 

 

あなたの思考がどう騒ごうと、あなた自身がどんな感情の中にいようと、そんなあなたさえも大丈夫の中にいるということに気づくことで

 

大丈夫、すべてうまくいっている、という法則が稼働します。

 

 

注意したいのは、「うまくいかせるために、大丈夫であると気付こう」とする自力の力にも気づいていることです。

 

とにかく何とかしたい、とにかくなんとか抜け出したい、その一心であなたが大丈夫であることに繋がろうとしたとき、

 

あなた自身は大丈夫から手を払われるような気持ちになるかもしれませんし、全く掴めないような気持ちになるかもしれません。

 

 

自力の力みに気づいたなら、あなた自身の力でなんとか大丈夫に持っていこうとするのではなく、

 

 

空気中に、空間中に、すでに溢れている”大丈夫”を受け取ろう、とだけ決めて、そこから緩んで、あなたの中に大丈夫を吸収するように、してみてください。

 

 

大丈夫、すべてうまくいっているよ

 

 

そう言われて私はとても嫌だったこともありました。

 

そう書いてある本を、先人の教えを、ひどく疑い、そして嫌ったこともありました。恨んだこともありますし、到底そうは思えない瞬間もありました。

 

 

それは、私が自分の能力によって大丈夫を生み出そうとしていたからです。それは既にあるものではなく、今はないけれど、考え方やあり方、自分の思考を変えれば生まれるものだろう、と勘違いしていたのです。

 

 

心のどこかで、認められなかったのでしょう。

 

 

エゴは言います。

 

 

こんなにも問題があるのに、大丈夫なわけないでしょう!
こんなにも辛いのに、大丈夫なんてそんなわけない!
大丈夫というなら、証拠をくれ!
私が信じられる証拠がなければ、大丈夫だなんて絶対に思ってやらない!

 

 

そうやって足掻くのです。

 

 

エゴが、既に今全体に流れている大丈夫に触れることを嫌がってしまう理由は、そこに触れてしまうとエゴはなんの能力を証明することもできなくなるからです。

 

 

人生が大丈夫である”理由”を、己の力で作り上げ、己の能力として蓄積し、所有物を通して証明して行こうとするのです。

 

エゴは言うのです。

 

『ほら、これとこれとこれがあって、これとこれとこれができて、これとこれとこれを持っているから、大丈夫だろう?』

 

 

この過信が、ぶち壊されます。

 

どんなに自分をダメな人間だと思おうと、どんなに足りなくて不甲斐なかろうと

 

どんなに惨めでどんなに問題だらけだと思おうと、

 

 

エゴにとっては残念ながらですが

 

大丈夫という、すでに充満しているエネルギーは、全ての者へ分け隔てなく降り注いでいる。

 

そこに降参するとき。

 

 

大丈夫を、空気を吸いたいだけ吸えることと同じくらい溢れているものなんだと感じることができるのです。

 

 

———

 

 

インスパイアニュースレターについてはこちら

 

 

LINEで送る

最近チェックしたコンテンツ

BOOKS -著書一覧

もっと見る
秦由佳 Twitter FaceBook LINE@
秦由佳について
Top Page About Works  └ 株式会社 KOKUMI  └ ライフスタイルブランド sophia philein  └ 一般社団法人 潜在数秘術 ®︎ 協会  └ 一般社団法人 潜在意識デザイン協会  └ RYC メソッド ®︎  └ 潜在意識デザイン ®︎  └ 潜在意識メイキング
読む・学ぶ
Blog Journal Books
最新情報を知る
News Mail Magazine
製品
Products
SNSでフォロー
ハタユカラボLine@ 秦由佳Facebook 秦由佳Twitter