男性性×女性性インナーマリッジとは何か?

 

インナーマリッジ・・・内なる結婚・・・。

わかるようでわからない!?このキーワードについて紹介しながら、男性性と女性性の本来の役割について解説します。

 

男性性と女性性を育てるインナーマリッジ講座はこちら

 

それぞれの本来の役割とは

 

世の中には他にも様々な男性性、女性性の定義や解説があります。これはあくまでも私の理論ですが、このように考えているんですね。

 

 

男性性と女性性

共に自己実現を目標とする、二種類の自分

 

 

 

例えば右脳も左脳も、常に連動し共に働いていますが、それぞれの役割が違います。

 

同じ会社の中にいるけれど、担当している部署が違う・・・という感じでしょうか。

 

よく、女性性をひらこうとか、男性性が強すぎるとか、”性質の違い”に聞こえることがありますが、

 

性質が違うのはもちろんなのですが、それよりも”自己表現という仕事における担当役割が違う”と捉えた方がわかりやすいです。

 

なので、女性性を開花したらうまくいくとか、男性性優位なのはうまくいかないとか、そういった言われは理にかなっていますが、

 

『どっちかだけ、じゃなくて、どっちも、同時に考えて調整することが重要』だと考えています。

 

 

一般的に言われる意味合いとは違って・・

 

一般的に女性性と聞くと、「女らしさ」とか「女性的な魅力」というイメージが強いと思います。

 

私がここで伝える”女性性”の定義は少し異なります。

 

 

男性性もまた、なんだか強くて硬くてゴリゴリなイメージがありますし、「男っぽい」とか「男臭い」という印象が強いですよね。

 

それもまた、ここにおける定義とは異なります。

 

 

もちろん、その人の男性性が暴走すれば、いわゆるネガティブな意味合いでの「男くさい」となりますし、

 

女性性が完全にひねくれてしまえば、いわゆるネガティブな意味合いでの「女らしさを抑圧している」だとか「女らしくない」となります。

 

ただ、重要なのはどちらかをどうすればいい、とかではありません。

 

大事なのはそれぞれの本質的な”役割”の違いを知ることです。

 

 

そして、声を大きく言います。

 

女性性が閉じているなら男性性は暴走しているし、男性性が暴走しているなら、女性性はひねくれます。

 

両者、共に、影響し合っているので、どちらだけのアプローチすることは根本的な問題を解消するに至りません。

 

 

どっちかだけやろうとするとか、「とりあえず女性性だー」となるのではなく、まずは役割の違いを知ってみましょう。

 

 

それぞれが持つ本来の役割について

 

まず、男性性の本来の役割は

 

・女性性を守ること
・女性性を守り、大切にするために己の力を使うこと

 

この二つです。

 

シンプル!

 

 

つまり、男性性の担当分野となる

 

 

・思考
・判断
・計画
・行動
・選択
・言葉を使う

 

といったものは本来全て

 

”女性性のため(存在のため)”

 

 

に注がれなければなりません。

 

 

しかし、男性性が不信感に取り憑かれてしまった状態で、

 

自分の本来の役割を見失い・・・

 

さらには、他者に向けた能力証明にエネルギーを使ったら・・・

 

 

女性性は(存在は)

 

不安になり
怯え、緊張し
自分の価値を感じられず
守られないため傷つきやすくなる

 

 

のです。

 

 

一方、女性性の本来の役割もシンプル。

 

・大いなる意識と繋がっていること(大地や地球、自然と繋がっていること)
・愛を受け取ること

 

 

以上!

 

 

え・・・こんなくらいしかすることないの?

 

と思われたかもしれませんが、それくらいしか本来の役割はありません。

 

 

それ以外は、役割じゃないので楽しめばいいだけのこと。

 

女性性は本来、

 

とーっても安心した場所で男性性からの愛を受け取り、

 

のびのびとしていることやただ存在しているだけで十分なこと

 

それを実感していることが何よりもの役割であり、仕事です。

 

 

愛を男性性からと大いなる意識から受け取ることで、

 

女性性は”存在”がただただ輝き、その輝きが男性性に力を与えます。

 

 

内側から自尊心や自己効力感、自分を尊重する気持ちや、自分に対する絶大な信頼感は、

 

女性性が輝くことで自然と得られます。

 

 

そして、女性性が輝くことで生まれる自尊心や自己効力感、人生や自分に対する絶大な信頼感は男性性に力を与え、パワフルになります。

 

 

そうやって愛と力は循環するのです。男性性は女性性によって、女性性は男性性によって。

 

 

 

男性性が目覚めるだけでは、ただ”自信”がつくだけ。

 

まだ確信ではないのです。

 

なぜなら、女性性が存在を安心して輝かせることで男性性はようやく、本当の力を手にすることができるから。

 

 

そして、その力を男性性は愛ある行動に変え、愛ある言葉に変え、

 

女性性を守り、慈しむ。

 

 

この関係が出来上がることをインナーマリッジと呼んでいます。

 

 

男の中にも女の中にも、両方いる

 

こう聞くと、

 

男性性=オトコの人

 

女性性=オンナの人

 

と思うかもしれませんが、そんなことはありません。生物学的に女だろうが男だろうが、両方の役割を持つ性質がいます。

 

 

例えば、あなたという人間をざっくり二つに分けて想像してみましょう。

 

 

①存在そのもの(身体そのもの・見えない心も)

 

②行為行動によって積み重なった現実

 

 

肉体だけが自分だと思わないでしょう。自分の家、自分のお金、自分の仕事、自分のカバン、自分の服、自分の友人関係・・・

 

 

”選択によって積み重ねた現実”も、私たち自身であると捉えられます。

 

 

①存在そのもの(身体そのもの・見えない心も)

 

は女性性の所属する部署です。

 

女性性はそれに関して責任があり、それに関する仕事だけをすることができます。

 

 

一方、男性性は②行為行動によって積み重なった現実が担当部署です。

 

行為行動にまつわる全てが男性性のお仕事、担当領域と言えます。

 

 

この二つの分野が力を合わせ、総合的によくなるようへ働くようになると、あなたという会社(あなたの人生そのもの)はどんどん豊かになります。

 

女性性だけやっても、男性性が働いてくれないなら、会社は潤いません。

 

男性性にガッツがあっても、女性性がサボっていたり、うじうじしていたら会社はそのうち潰れます。

 

 

何度もくどく言いますが、

 

どちらだけが悪い、なんてことはありません!

 

原因探しをするのではなく、男性性と女性性がうまく連携するように、再プログラムしていく必要があるのです。

 

 

私の男性性と女性性、どんな感じなの?

 

簡単にチェックする方法があります。

 

まず、問題意識がどちらに向いているのか?チェックしましょう。

 

ケース1:現実的なことは割といいんだけど、気分とか気持ちとかに問題がある気がする。

 

それなら女性性に何か不具合があるのでしょう。

 

しかし、男性性の”行為行動”が何かしら間違っているからこそ、女性性がそうなります。

 

ということは、このケースの場合一見すると女性性を・・・となりがち。でも、本当にチェックしなければいけないのは逆に、”男性性”の方です。

 

 

ケース2:とにかく現実的なこと物質的なことに問題がある!

 

この場合は、男性性に不具合があります。

 

ほとんどの場合、現実的なことや具体的なトラブル、物質的な問題がある時というのは、男性性がやるべき仕事を全くやれておりません。

 

でも、どうしてそうなるのでしょうか?

 

それも女性性が関係しているのです。

 

男性性が過剰になったり暴走したり、的確な判断ができなくなったりする時、女性性からのパワーを受け取れていないことがわかります。

 

ということは、”女性性のエネルギーが枯渇している”わけですね。

 

 

ケース3:恋愛やパートナーシップに問題がある

 

女性によく聞かれるのですが、恋愛やパートナーシップに問題があるとすぐに=「私の女性性に問題が」と言い出します。

 

 

いいえ!

 

そうは言い切れないのです。

 

恋愛やパートナーシップの問題やトラブルの”具体的なシチュエーション”によって全然違ってきます。

 

ある人は、女性性ではなく、逆に男性性を発達させてみたら・・・びっくりするほどの速さで恋愛が進展したり。

 

ある人は、どちらかではなく、『男性性と女性性の連携』がうまくいっていないことから生まれたパートナーシップ間の問題でしたので、

 

その場合は、男性性と女性性の連携を強めます。すると、あっという間に仲良くなってしまうんですね。

 

よく判断することが大事、ということ。

 

 

その判断基準や、どうやって分析するか?

 

男性性の暴走を止めることなのか、女性性のひねくれを(笑)解消することなのか、はたまた連携を強めることなのか。

 

いくつものパターンがあるので、それを知ってリアルな現実に生かして変化を生みたいというかたは、講座で聞いてくださいね。

 

 

男性性と女性性を育てるインナーマリッジ講座はこちら

 

 

では、秦由佳でした。

 

 

男性性と女性性にまつわるレポートはこちらからも購読できます。

 

 

LINEで送る

最近チェックしたコンテンツ

BOOKS -著書一覧

もっと見る
秦由佳 Twitter FaceBook LINE@
秦由佳について
Top Page About Works  └ 株式会社 KOKUMI  └ ライフスタイルブランド sophia philein  └ 一般社団法人 潜在数秘術 ®︎ 協会  └ 一般社団法人 潜在意識デザイン協会  └ RYC メソッド ®︎  └ 潜在意識デザイン ®︎  └ 潜在意識メイキング
読む・学ぶ
Blog Journal Books
最新情報を知る
News Mail Magazine
製品
Products
SNSでフォロー
ハタユカラボLine@ 秦由佳Facebook 秦由佳Twitter